工事前に要チェック!屋上緑化を無事に成功させるための要点

屋上の荷重制限を意識する必要がある屋上緑化

屋上の緑化を考えるのであればいくつか注意を要するポイントがあり、事前に把握した方が失敗が避けられるでしょう。屋上緑化を行うには、荷重の制限を意識する必要があります。屋上に設置できる重量は限りがあり、許容範囲内で屋上緑化を進めなければなりません。ただし近年では屋上緑化の技術が発達し、軽量化が進んでいます。そのためこれまで荷重の問題で屋上緑化を諦めていたオーナーにも工事できる条件が整いつつありますね。

排水を考慮しながらの屋上緑化工事が重要

屋上を緑化した場合、排水は重要なテーマの一つに挙げられます。屋上の緑化工事では、排水を慎重に考えなければならないのです。工事の設計に問題があると排水が間に合わず、水漏れトラブルが起こりかねません。そこで屋上に溜まった雨水が効率よく排水できるように、屋上緑化の工事設計では工夫を要しますね。新たに排水口を設けて屋上からの水をうまく逃がす工夫を施すと、雨水が漏れ出して被害が出るリスクは事前に予防できます。

植物への水分供給の自動化を考える屋上緑化

屋上を緑化した後には、植物を維持管理するための手間が掛かります。植物には水を定期的に供給しなければならないため、できるだけ労力を省略できる工夫を必要とします。管理者が屋上の給水を行うのは面倒が大きいため、作業を自動化すると手間が省けるでしょう。例えばスプリンクラーや給水ホースを利用する方法がありますね。また定期的に屋上の管理者が植物の状態をチェックして、必要な水が供給できているかどうかも確かめた方が無難です。

自宅を屋上緑化することで、土壌による断熱効果が期待されます。夏場は温度の上昇が抑えられ、冬場は熱が逃げなくくなり、最上階の部屋で過ごしやすくなります。